【2018年度 合格者一覧&合格方略記】

合格者一覧

【2020年度 秋受験実績】

  • 1.大阪市立大学大学院 生活科学研究科 生活科学専攻 臨床心理学コース 1次 1名 9/12
  • 2.埼玉工業大学大学院 人間社会研究科 心理学専攻 臨床心理学分野 1名
  • 3.目白大学大学院 心理学研究科 臨床心理学専攻 1次 1名  9/12
  • 4.東京大学大学院 教育学研究科 総合教育科学専攻 臨床心理学コース 1次  1名 
  • 5.東京大学大学院 教育学研究科 総合教育科学専攻 臨床心理学コース 1次  1名
  • 6.学習院大学大学院 人文科学研究科 臨床心理学専攻  1名
  • 7.法政大学大学院 人間社会研究科 臨床心理学専攻 1次  1名
  • 8.福岡大学大学院 人文科学研究科 教育・臨床心理専攻 臨床心理分野 1名 9/24
  • 9.日本女子大学大学院 人間社会研究科 心理学専攻 臨床心理学領域  1名
  • 10.佛教大学大学院(通信教育課程)教育学研究科 臨床心理学専攻  1名
  • 11.放送大学大学院 文化科学研究科 文化科学専攻 臨床心理学コース 1次 1名
  • 12.放送大学大学院 文化科学研究科 文化科学専攻 臨床心理学コース 1次 1名

2020年度 秋受験 合格手記

●東京大学大学院 教育学研究科 総合教育科学専攻 臨床心理学コース
 3浪目にして第1志望合格      30代 男性 社会人

合格発表から日が浅く、合格が、まだ信じられないという感覚です。
N先生、教育学部出身で、大学院受験3回目の私を合格まで導いていただき、感謝に堪えません。
大学では教育学部で数学を専攻し、中高の教諭の免許を取得し、地方の公立の高校で数学の授業を担当して、 やっと自分なりの教育スタイルが分かってきた頃、ある日、このまま高校の教諭として人生を 終わってもいいのかという疑問が生じ、通信教育で心理学科を卒業し、某予備校で1年目、2年目と大学院受験の学習を某予備校の通信教育で行っていました。通信教育も基礎的な勉強には 役に立ちましたが、志望校の東京大学大学院は、1次も通過せず、諦めかけていた頃、東京web の合格実績を見て、ここなら大丈夫かもという気持ちで、最初は、電話にて受験にまつわるお 話をさせていただき、東京webに賭けてみようと決意した次第です。
N先生のお話を聴くと、何 しろ受験の情報に詳しく、東大なら、こことここを押さえれば、〇〇さんなら、合格できます よ、と明確な助言がありました。
その勉強法は、東京大学大学院にピンポイントを当てた学習 法で、約6ヵ月の勉強で、合格させていただきました。一番、印象に残っていることは、疑問に 思ったことを質問すると、すぐに、これを見て下さいと、Skypeのチャットに、添付ファイルで 回答にまつわる資料を提示していただき、その場で、疑問が解決することです。
たまたま数学 を専門にしていましたので、統計関しては、時間を割くことをせずに済みました。専門の勉強 法は、東大院は独特な勉強法です。これはマル秘だとN先生にいわれてますので、書きません。
来年から、大学院生となることが楽しみでなりません。いつも強く、優しい動機づけや、エネ ルギーをいただいたN先生、今後とも宜しくお願いいたします。末筆ながら、東京webの今後の ご発展を願っています。

●大阪市立大学大学院 生活科学研究科 生活科学専攻 臨床心理学コース 
30代 社会人男性

私は現在、病院医療の現場でPSWの資格を持って社会福祉的な面から援助活動をやらせてい ただいております。所属は、病院の退院後のフォローアップ、そして統合失調症スペクトラム 障害のクライエント様の社会適応の為の地域援助部門で主に活動しております。
私が臨床心理 士及び公認心理師を目指す理由は、現在の職場に、臨床心理士の上司がいて、援助活動におい て、PSWとは異なる視点や知見をもち、理解・評価、目標、病理度、介入・援助の評価という科 学的な観点での援助活動のあり方に憧れをもったことです。それがきっかけで、2年前に、大学の通信教育課程で、認定心理士に相当する単位を取得し、卒業論文を履修し、現在の援助活動 について、量的な研究を行いました。その後、この研究を発展させる為に、大学院を目指し、 人間の「こころの成り立ちとその働きと機能」に関する研究者の育成と、「こころの病理と心 理 療法」について専門的な知識を有し、臨床実践に携わる専門職の育成を目標として設置され、 加えて専門職の再教育コースとしての役割も担っている大阪市立大学院を受験しました。
昨年は独学で受験したものの、全く歯が立たずの状態で、京都のある私立大学院には合格しました が、入学を諦め、今年を目指すことにしました。こちらの仕事の都合に講義を合わせていただ き、しかも大阪市立大学大学院の過去問から、受験に必要な領域に沿った授業をしていただけ たので、約半年の期間で合格できたものと感謝しています。独学では何年もかかるような知識を短期間で、ご指導いただき、東京webのN先生に感謝いたします。最後まで、受験の日まで 応援メールをいただきました。 来年から大学院に入学して、大きく環境が変わりますが、研究と勉学、実践技術に関わるこ とができることに感謝いたします。
臨床心理士の資格試験や公認心理師の状況までも、知る ことができました。末尾ながら、御校のご発展をお祈りし、合格体験記といたします 。

●福岡大学大学院 人文科学研究科 教育・臨床心理専攻 臨床心理分野 
30代 社会人女性

第1志望の大学院に合格したばかりで、まだ信じられないくらいの感激です。
現在、小学 校で養護教諭をやっています。以前は中学にもいましたが、小学校での現場が自分には合っ ていると思っています。来年から大学院に入学を考えると、まだ8ヵ月しか勉強していない 自分が、大学院で周りの同級生についていけるか心配です。この点は、N先生にお願いし、引き続きインプットしなければならない知識を補填していきたいと考えています。放送大学 で認定心理士の科目は取得しましたが、心理統計など、未だに理解できていないことばかり です。この8ヵ月は、福岡大学に出題される領域と研究計画の領域の知識は何とかインプッ トできたと思っています。Skypeでのやりとりを通して、今までの知識に具体例を話してい ただき、より明確になりました。入試で出題される穴埋めや選択肢方式の問題は、満点に近 かったと思います。
志望動機から研究計画書にいたるまで手厚いご指導をいただき、合格で きました。今後は、入学までに、精神分析や心理統計など、院生として基礎知識は修得して おこうと思います。1月から受講させていただき、職務上時間がない場合、都合の良い曜日 や時間帯にまわしていただいた点や、夏休みに集中してご講義いただいたご配慮に感謝して おります。
また11月から、大学院入学まで、必要な知識を受講させていただく予定です。今 は、基礎固めをしっかり行い、将来的には、学会発表などを通して、教育の現場の目線から 知見の発信を行うことを目標に、頑張っていきたいと考えています。
またN先生にお世話になりますが、宜しくお願いいたします。いつもメールの最後に 、Fight!と、励まし、暖かくご指導をいただいた東京webに感謝いたします。今後のご発展 を心よりお祈り申し上げ、合格体験記とさせていただきます。